自作動画まとめ+雑記

自作動画+雑談

おきもちとか、AI音声の話とか

前半はおきもちです!

 

 

(MADとかも作るような)スレスレのファン活動をしている身で

こういうこといいたくなんですけど

スタエピの

 

オヤジさんって誰よ!?

 

てずっと頭ぐるぐるなってしまっていて苦しい

担当外なのに

 

担当がサッカーボールをクリプレにしても

「まあそういう世界線もあるよね(ない?)」

ってなれるんですけど

この追加はちょっと解釈のすり合わせが難しい

回答が来るまでずっとこんな気持ちなんですかね

 

 

 

 

それはそれとして

サイスタのAI音声をつべに移行してる件で

 

私は自分の過去作を見返すのが

すごくすごくすごーーーーく苦手なので

(だからよく消すでしょ?w)

(MADはでも、映像の可愛さとか、曲の良さとかで

 なんとか見れたりする)

 

過去に動画をニコにあげた時点でもう

動画を作って見せたい!っていう役割は終えているので

 

つべにもあげる(ことに私の精神力が耐える)ことできるのかな?

ってちょっと迷ってたんですけど

 

動画がちゃんと再生できるかのチェックで見返したときに

意外と見れたのでまあ大丈夫なのかな??

ってなりました

ちょっと驚く

 

AI音声がつくことによって

「私自身が言いたいことを言っているんだけど、

(アリアルという)キャラが代弁してくれているかもしれない??」

という状態を保てているのが

精神安定上良いのかもしれませんね

 

(とくに『アリアルが』解説している、という脳内設定で作っては

いないんですけど、

私以外の誰かのボイスがついているという状況は大きい)

 

みんなが『ガワ』を被りたくなる気持ち、

ちょっとわかった気がする。

いやちがうか。

 

 

こんなにすごいものを無料で使わせてくれる

『CoeFont』には感謝しかないです

 

もうだいぶ有名になりましたが

リンク先ぜひみてください

coefont.cloud

 

 

CoeFontがなかったら「(実況風を)やってみようかな」

と思うことすらなかったですね

 

 

なんでAI音声を入れるに至ったかっていうのは、

サイスタでやるよりも前に

ポプマスでAI音声入り動画を作ったときにも

ちょっと言ったんですけど、

 

アイマスには

もともと実況ポリシーは存在していなくて

そのときには(余計な自我が入らない)

ボイスのみまとめ、みたいなののほうが主流だったんですよね

(これは今もそうかもしれませんが…)

 

そんな中で

「実況(動画製作者の声やテキストが入っていて

その人なりの動画として成立しているような、

いわゆるゲーム要素の『丸上げ』ではないもの)は発表していいよ」

という趣旨で

実況ポリシーの第一弾が発表されたのでした。

(今は改定されて、もうちょっとゆるい(?)判断になっているような)

 

つまり、

ゲームのボイスのみを切り取って

「これが私の作った動画です!」とするのは

あまりよくないことだけど

(実際には見逃されていますが…)

 

ゲームのボイスを流す→「いやーわたしこのボイス好きなんですよ!」

という動画製作者の感想が入って丸上げではないもの

は、動画として公開してもいいよ、となったのでした。

これは当時画期的な変化でした。

 

(あまり界隈で画期的だ!とはいわれてない感もありましたが…)

 

となれば、

私も自分の感想などを入れて動画を上げたい!

と思うところなんですが、

「自分の声そのもの」を入れるのは抵抗があるし、

(そもそも自室がないので一人で喋りまくる環境も作れません…笑)

 

となっていたところに

検索で『CoeFont』があることを知りました。

 

ボイスの高さが簡単に変えられる(Mでアリアル、デレでミリアルを

使っていますが、高さは両方デフォルトよりも低めに設定しています)

というのが使用を決めたきっかけでした。

あと双子が好きすぎた

 

もう1年くらいの付き合いになるんでしょうか?

いまではこれがないとおきもちを動画内で言うことすら

難しく感じます

自我をどのくらい出すか、については

かなり悩むところですが

AI音声があることでかなり選択肢が広がりました

ありがたいなーと思っております

 

 

というとりとめのない感謝を綴っておきますね。

 

何か言っていないとおかしくなりそう。

 

オヤジさんって誰だよ…

キャラクター一人の人格形成にどう関わってくるんだよ…(ぐるぐる)